トッズの靴修理

ドライビングシューズのトッズ!

靴メンテ・靴修理歴40年の実績

トッズ(TOD'S) の靴修理事例

1979年に設立したイタリアのファッションブランド。1979年に底に133個のゴム突起をつけたドライビングシューズ「ゴンミーノ・モカシン」を発表し、 これがヨーロッパでヒット商品となりました。シューズの特徴はやはり、ものづくりへの徹底的なこだわりから生み出される、 その品質の高さにあり、実に多くの工程を経て生産され、中には120もの工程を要する商品もあり、ものづくりへのこだわりが感じられる。 イタリア製の良さを、最高級の腕を持つ職人の手作業によって、流行に左右されることない、最高級のものづくりは、 他には類を見ない本物の美しさ体現していますね。

当店でお問い合わせの多い修理内容をご紹介します。

ドライビングシューズ補強

トッズ(TOD'S) のかかとの補修

トッズのドライビングシューズは、靴底に凹凸がありますが摩耗も早く
つま先部分とリフト(カカト)部分に穴が開きやすいです。つま先部分を通常の位置よりも少し前に出してあげるとアッパー(本体)を傷めにくくなります。
セピアでは、靴底の凹凸(ラバーペブル)を全体的に平らに削ってからラバーを貼ります。
※ドライビングシューズのシリーズは、凹凸が前底とカカトが分かれているデザインと前底とカカトがつながっているデザインがございますが、どちらも対応しております。


メリット→

靴底が減りにくくなり長持ちする。

リフト(かかと)の穴開きなどを防ぎ、つま先が削れにくくなる。

靴本体(アッパー)、レザーソール(靴底)を痛めない。

デメリット→

接着を良くする為に靴底を少し削る。

履き心地が変わる。

靴底が重くなる。

見た目が変わる。


・レディース メンズ  ドライビングシューズ補強
税込み4,950円〜

・レディース メンズ  ドライビングシューズ オールソール
税込み7,150円〜



ハーフソール、リフト補強修理

トッズ(TOD'S) の靴補修

トッズの靴底は、レザーソールの為滑りやすく、靴底のステッチがほつれてしまうと剥がれてしまうので
早めの事前補強をお勧めします。セピアでは、極力ブランド(トッズ)のロゴを残しつつ、
ソール(靴底)の色やコバ(脇)の色に合わせてハーフソール(半張りラバー)の色をお選びいただけます。

色は黒、
濃茶、キャメル、ベージュ、赤、青、緑、グレー、白
と取り揃えております。


※メンズシューズの部分補強でラバーが嫌いな方や事前補強用に
レザーハーフソールや革付きリフトの取扱いもございます。


・レディース ハーフソールラバー+リフト補強
税込み3,300円〜

・メンズ  ハーフソールラバー+リフト補強
税込み4,950円〜



オールソール修理

トッズ(TOD'S) の靴補修

靴底全体が傷んでいて部分修理が出来ない場合や経年劣化で靴底が割れてしまった場合は、
オールソール交換(靴底の全体を交換)することで長くご愛用いただくことができます。

セピアでは、レザーソール等の劣化しにくい素材に交換し、ハーフソール(半張り)ラバーで補強します。

※ブランド(トッズ)ロゴは無くなりますのでご了承ください。


・オールソール修理 税込み13,200円〜




リフト劣化修理

よくある事例ですが、元のリフト(かかと)が経年劣化によりひび割れしてしまう場合がございます。
この状態では現状の部材は使えないので総取り替えになります。

セピアでは、劣化しにくい2〜3枚積んでビブラム強化リフトで補強します。

・リフト積み+ビブラム強化リフト税込み4,950円



カラーリング修理

着用により汚れ、キズ等を目立ちにくくする為に、クレンジングをしてからのカラーリングをお勧めしています。
本革や合成皮革のアッパーの擦れには対応可能でございます。

深いキズの場合は、革の凹凸を綺麗にすることは難しいですが、
状態を緩和することは可能でございます。


・カラーリング修理 税込み5,500円〜



靴底剥がれ修理

ソール(靴底)ののり自体が劣化したり、アスファルトの熱で劣化により、
アッパー(本体)とソール(靴底)が剥がれてきてしまいます。

※片足に剥がれの症状がでた際、
反対側も同じ症状になっている場合がございます。
両足でお持ちいただくことをお勧めします。


・靴底剥がれ修理 両足 税込み2,200円〜



トッズ(TOD'S)の修理事例紹介

Category: トッズ(TOD'S)靴修理・メンテ

トッズ(TOD’S )ドライビングシューズ靴底補修

今回も靴底事前補強のご紹介になります。 つま先部分やカカト部分を少し前に出してあげることによりアッパー部分が傷みにくく...


トッズ(TOD’S)ケイトローファー事前ハーフソール補強

こんにちは。 今回は、ゴム突起をつけたゴンミーニモカシンがアイコンシューズのトッズをご紹介します♪ 1979年に...


トッズ(TOD’S)イーザートングサンダル事前靴底補強

こんにちは。 今回は、ゴム突起をつけたゴンミーニモカシンがアイコンシューズのトッズをご紹介します♪ 1979年に設立...


トッズ(TOD’S )ドライビングシューズ事前裏張り補強

ドライビングシューズはつま先部分やカカト部分が特に減りやすいので外履きするには事前補強が必要になります。 ...


トッズ(TOD’S)靴底劣化オールソール修理

今回は靴底を再利用して劣化部分を除去してから取り付けましたのでご覧ください。 まずはビフォーから ビ...


トッズ(TOD’S )ドライビングシューズ前底+リフト補強修理

ドライビングシューズはつま先部分やカカト部分が特に減りやすいので外履きするには事前補強が必要になります。 ...


トッズ(TOD’S )ドライビングシューズ靴底補強修理

全体的に凹凸があるタイプには部分的ではなく、全体に張ることも可能です。 ...


トッズ(TOD’S)かかと劣化交換修理

今回ご紹介するお直しはカカト部分の交換になります。 よくある事例ですがリフト部分のみ劣化して破損しております。 ...


トッズ(TOD’S)ドライビングシューズ靴底補強

今回ご紹介するのは全体的に凹凸がついているドライビングシューズになります。 つま先部分とリフト部分にすぐに穴が開いてしまう...


トッズ(TOD’S)ドライビングシューズ靴底補強セット修理

今回ご紹介するのは全体的に凹凸がついているドライビングシューズになります。 つま先部分とリフト...


トッズ(TOD’S )ドライビングシューズオールソール修理

今回の修理はtod'sのお直しになります。 部分的にではなく、全体に張ることも可能です。 ...


トッズ(TOD’S)靴修理

今回ご紹介するのは全体的に凹凸がついているドライビングシューズになります。 つま先部分とリフト部分...


トッズ(TOD’S)オールソール交換修理

今回ご紹介するのは全体的に凹凸がついているドライビングシューズになります。 つま先部分とリフト部分にすぐに穴が開いてし...


トッズ(TOD’S)リフト劣化交換修理

よくある事例ですが、今回ご紹介するお直しはリフト部分のみ劣化して破損しております。 この状態では現状の部材は使えな...


トッズ(TOD’S)靴底事前補強修理

革底は滑りやすいですし、ステッチがほつれてしまうと剥がれてしまうので早めに事前補強をオススメします。 今回は新...


トッズ(TOD’S)新品靴底補強修理

1979年に設立したイタリアのファッションブランド。 1979年に底に133個のゴム突起をつけたドライビングシュー...


トッズ(TOD’S)ドライビングシューズ靴底事前補強修理

ドライビングシューズは小さな凹凸がありますが摩耗も早くすぐにつま先やかかと部分を傷めてしまいます。 今回は新品の前...


トッズ(TOD’S)靴底補強修理

今回は新品に前底とリフト部分をビブラムソールで補強しましたのでご覧ください。 ビフォー ...


トッズ(TOD’S)ドライビングシューズ ソール&リフト事前補強修理

ドライビングシューズは小さな凹凸がありますが摩耗も早くすぐに靴本体を傷めてしまいます。 今回は新品の前底とリフト部...


トッズ(TOD’S)ドライビングシューズ補強修理

ドライビングシューズは小さな凹凸がありますが摩耗も早くすぐに靴本体を傷めてしまいます。 今回は前底とリフト...


カテゴリの一覧 ≫

トッズ(TOD'S)靴のネット修理受付

チェーン店でないセピアだから、インターネット修理受付に早期から取り組んでいます。

こんにちは、目黒駅ビル1Fにある靴修理「セピア」代表の植木です。 「セピア」は目黒で創業して依頼、40数年の歴史があります。創業者は私の祖父になりますが、私自身、学生の頃からシューリペアの仕事に関わってきました。 一般的な靴の修理やクリーニングはもちろん、特に場所柄「ブランド靴修理・補修」「ブランドバッグ・鞄修理、補修」において豊富な経験とノウハウの蓄積があります。常連のお客様もこだわりを持っていらっしゃる方が多く、転居なさっても、遠くから当店に出向いてくださる方も沢山いらっしゃいます。 うちは大きなチェーン展開をしている訳ではないので、そのようなお客様にもっとお気軽に、便利に使っていただけるよう「ブランド靴のインターネット修理受付」を始めました。昨今のインターネット環境、携帯電話の発達、宅配便の対応の向上などで、我々の業務も変化してきております。

写メで見積もりが取れたらありがたい..そんなお客様の声にお応えします。

「携帯のカメラで撮った写メールを送ってもらい、より正確な靴修理のお見積もりをお知らせする」ことや「ブランド靴・鞄についての相談をメールで行う」等、お客様との接点を業界内でも早いうちに広げてまいりました。今後も目黒駅の店舗へ足を運んでくださるお客様はもちろん、全国のお客様に「セピア」の高度な靴修理技術やこだわりの靴修理職人技をご提供できるよう、これからも精進し続けてまいります。


会社名 株式会社ウエキ(店舗:リペアショップ Sepia)
設立 昭和62年10月に社名変更(創立以来40数年)
事業内容 靴修理、革製品修理、合鍵製作など
住所 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-16-9 目黒駅アトレ目黒1 1階
電話番号 03-6408-8497(10:00~21:00 年中無休)
Mail sepia.repair@gmail.com
Copyright(c) 2017 リペアショップセピア All Rights Reserved.